三回忌を過ぎたらそろそろ遺品整理の時期かもしれません。
故人の方が亡くなった直後、いきなり荷物を整理すると何かと角が立つかもしれませんが、ある程度供養も済み時間が過ぎたら、そろそろみんながまえを向いて生きるためにも遺品整理の必要が出てます。
元々物をあまり持っていなかった方の部屋であれば一日で掃除が済むでしょう。
しかし、年配の方は物を大事にしています。
両親や祖父、祖母が大量の書籍や家具、そして古着や細々とした雑貨を収集していた場合、その整理整頓は大変です。
家族総出で行ってもなかなか掃除は捗りません。
また素人の目で取捨選択するのはちょっと怖いです。
適当に雑貨や書籍をガンガン捨てれば確かに掃除はスピード感を持って進められますが、もしもその中に価値が光るお宝があると、とっても勿体ない事になります。
大阪の専門業者に相談をすれば遺品整理の手伝い、そして不用品の鑑定と買取などを一挙にお願い出来ます。
困った場合はプロにお願いし、サポートを受けるのが賢明な選択です。

賃貸マンションに住んでいた親せきが突然の事故で亡くなってしまい、唯一の身内である私がその部屋の片づけを行うことになりました。
賃貸マンションの退去日までにすべての荷物を片付けなくてはならないため、自力では間に合わないと判断し、遺品整理の専門業者に来てもらうことにしました。
私がお願いしたのは、大阪の遺品整理業者です。
業者の方に電話で賃貸マンションの退去日のことを伝えて、その日までに間に合うように急いで片付けをしてほしいとお願いしました。
その大阪の業者の方たちがてきぱきと作業を行ってくれて、要らない家具や家電製品なども引き取ってくれたので、あっという間に部屋がきれいになってしまったのです。
自分一人で作業していたら、タンスや冷蔵庫などを動かすことすらできず、おそらく退去日までに間に合わせることはできなかったでしょう。
無事に退去日までに原状復帰することができ、大家さんに部屋の鍵を返すことができました。

残された荷物の量があまりにも多くて、自力で遺品整理を行うのは難しいと判断したので、専門の業者のサポートを受けることにしました。
友人から、評判のよい大阪の遺品整理業者を紹介していただいたので、スムーズに片づけを終えることができました。
電話1本で、自宅まで来てくれて、散らかっている部屋の片づけを行ってくれたのです。
その大阪の業者のスタッフの方たちが、要らなくなってしまった家具や家電製品の処分もすべて引き受けてもらえたので、こちらで粗大ごみに出す必要がなくなり、本当に助かりました。
自分で粗大ごみに出そうとすると、家の外に運び出したり、申し込み手続きを行ったりと、何かと大変ですから、このようなサービスはありがたいと思います。
遺品整理の作業に関しても、思っていたよりもお手頃だったので、金銭的な負担もあまりかかりませんでした。
誠実な対応をしてくださった大阪の業者のスタッフの方たちには、心から感謝しています。