Polaroid Photo

Pictures from 化粧品倶楽部

化粧品倶楽部

コスメの耳より情報満載

Choose a Topic:

通販で化粧品を購入するデメリット


自宅にいながら気軽に化粧品を買うことが出来る通販は大変便利ですが
通販で化粧品を買うことのデメリットも存在しているようです。

手に取れない!

デパートの化粧品店やドラッグストアなどでは、テスターと言われるお試し用の化粧品が置いてあります。実際に手に取って、お肌につけることができますので、その化粧品のテクスチャーや香り、付け心地などをその場で確認することが出来ます。
実際につけてみなければ分からないというのが化粧品です。
特に新しく出た化粧品は、つけた経験がありませんから全くの未知数となります。
どんな香りなのか?どんな質感か?そして、肌に合うか?と言うことが尚、心配されることでしょう。
直接、お店に行った場合は、テスターを利用することで、購入するか断念するかをスムーズに決定することが出来ます。
しかし、通販ではそれが出来ないというのが最大のデメリットです。

粗悪品にご注意を

昔と比較すれば、通販で販売される化粧品の数は大変増加しました。
選ぶのに迷ってしまう程度です。しかし、そんな豊富な化粧品に紛れて、
粗悪な化粧品が出回っているのも現実です。
このような化粧品をうっかり購入してしまえば、お肌トラブルを引き起こしてしまう恐れも高くなるでしょう。またお値段の割には、効果が全くないという化粧品も数多く存在します。

成分確認を怠りがちに
直接、お店に行って、化粧品を選ぶ際は化粧品を手に取ることが出来ますので、
どんな成分が配合されているかをすぐに確認することが出来ます。
お肌トラブルを防ぐ為にはこの成分表を確認することがとても重要になります。
特にお肌が弱い方は、成分表のチェックは怠れません。
しかし、通販では、化粧品を手に取ることはそもそも出来ませんので、
うっかり成分表を確認せずに購入してしまうことも多くなります。
ですので、お肌トラブルを招かない為にも商品ページに書かれてある成分表示をしっかりと確認することが大切です。しかし、商品の説明がきちんと書かれていない通販ショップもありますので、そのような通販サイトで購入するのは控えましょう。
お肌はデリケートです。お肌に直接つける化粧品だからこそ、どんな成分が入っているのかはしっかりと確認してから購入することが大切です。

Start discussion »

Leave a Reply