Polaroid Photo

Pictures from 化粧品倶楽部

化粧品倶楽部

コスメの耳より情報満載

Choose a Topic:

30
1月 '15

アイライナーとアイシャドウを入れれば、ますます「目は口ほどにものを言う」


メイクの楽しみのひとつに目元のアイメイクがあります。

アイライナーやアイシャドウにマスカラ、ビューラーなど、それぞれ目元のファッションに欠かせない化粧のアイテムです。

アイライナーとは、アイライン(目を大きくはっきり見せる為に目の縁に描きいれる線)を入れるための化粧品です。

そして、鉛筆タイプとリキッドタイプの黒や茶、グレーなどの種類があります。

アイシャドウは、まぶたや目尻に塗って目のまわりに陰影をつけ目元を美しく演出する化粧の小道具のひとつです。

こちらは、動物性の油脂やワセリン、蝋などに着色剤を混ぜ合わせて作られています。

アイシャドウは古代エジプトですでに使われていて世界三大美女の一人あの、クレオパトラがアイシャドウの元祖と言われています。

この時代のアイシャドウは化粧のためのものではありませんでした。

魔除けの為に使われていたという説や眼病対策で殺虫効果がある粉を塗っていた説、強い日差しの太陽光線から目を守る為に使われていたという説などがあります。

化粧品として西洋に広まったのは20世紀になってからで日本に入ってきたのは明治時代の頃だそうです。

アイシャドウだけだと目力が弱くなり優しい目元にしたいときには、アイライナーは引かないそうです。

アイライナーとアイシャドウを上手に使って口に出して言わなくても目つきで相手に気持ちを伝えることができるそうです。

ぜひ、「目は口ほどにものを言う」の目力で虜にしてください。

Start discussion »

Leave a Reply